調剤事務管理士〜独学か講座か
調剤事務管理士〜自分に合った学習スタイルを選ぶ

調剤事務管理士試験の難易度はさほど高くありませんが、試験内容は専門的であり、無計画な学習で合格することはできません。
試験を受けるにあたり、まずは学習スタイルから決めてゆきましょう。

調剤事務管理士試験の学習スタイルには、大きく独学講座があります。
講座とは、ユーキャンなどの資格スクールが開講する通学講座や通信講座のことです。

自分の学習経験や、現在の知識・技能、その他学習時間や費用負担を考慮して、独学と講座のどちらが自分に合っているか判断する必要があります。

調剤事務管理士〜独学と講座の特徴

「独学」と「講座」のメリットとデメリット、向く人と向かない人を一覧表にしました。学習スタイルを決める為の参考にしてください。

学習スタイル 向き・不向き メリット・デメリット
独学
  • 既に十分な知識、経験があり、独学で合格できる自信がある人。
  • これまでにも独学で各種試験に合格しており、独自の勉強法を確立している人。
  • 自分の好きな時に、好きなペースで勉強したい人。
  • 自分の意思で、継続的に勉強を続けられる人。
  • 学習にかかる費用を安く抑えたい人。
【メリット】
  • 好きな時間に勉強できる。
  • 自分のペースで勉強できる。
  • 費用が安くすむ。
【デメリット】
  • 学習計画(学習項目や期間)を全て自分で決める必要がある。
  • 分からない箇所は自分で調べる必要がある。
講座
  • 独学の経験が少なく、独学だけでの合格に自信がない人。
  • 自分主体の学習ではモチベーションが上がらず、勉強が継続しにくい人。
  • 参考書や過去問題を読んでみて理解出来ない箇所が多い、苦手科目が多い人。
  • 学習にある程度費用をかけても、確実に合格したい人。
【メリット】
  • 無駄の少ない効率的な学習ができる。
  • 学習計画(学習項目や期間)を決める必要がない
  • 分からない箇所の質問ができる。
【デメリット】
  • 講座の種類や形式によっては、受講時間や回数の制限がある。
  • 独学に比べて費用がかかる。

※講座は開講するスクールごとに内容、受講形式、料金・サービスが異なるため、上記のメリット・デメリットが必ず当てはまるとは限りません。
一度スクールのホームページや無料の資料請求を利用して、講座の内容を調査・比較してみると良いでしょう。 詳細は「調剤事務管理士〜講座選びのポイント」を参照してください。


独学にするか講座にするか迷ったら・・

調剤事務管理士試験の学習スタイルについて、独学か講座か迷ったときは以下の項目を試してみましょう。

1.参考書籍や過去問題を見てみる(解いてみる)

試しに調剤事務管理士の参考書や過去問題を見て(できれば解いてみて)、問題の傾向や難易度、現在の自分のレベルを知りましょう。
書店や図書館で参考書類を読んでみて、ある程度理解できる(できそう)なら「独学」、分からない箇所が多く独学では難しそうと思ったら「講座」も検討します。
おすすめの参考書籍や過去問題については、「調剤事務管理士〜お役立ちリンク」で紹介していますので参考にしてください。

※調剤事務管理士の過去問題については、現在インターネット上では殆ど公開されていないようです。市販の書籍や資格学校のテキストを利用しましょう。

2.ホームページや無料の資料請求を使って講座内容を比較する

更に調剤事務管理士向けの講座を開講するスクールに資料請求を行いましょう。
スクールは数多く、それぞれ講座の内容、受講形式、料金、その他サービスに違いがありますので、ホームページを見たり、より詳しく講座内容やサービスが分かる資料請求を行います。自分の希望、条件に合った割安な講座が見つかるかも知れません。
資料請求で貰える冊子からは講座のカリキュラムや学習内容など、独学でも大変参考になる情報も得られます。資料請求サービスは講座を受講するしないに関わらず是非利用しましょう。

ユーキャン2 ユーキャン1 調剤事務管理士の講座案内資料はこのような感じです。

ユーキャンの無料資料です →
(画像クリックで拡大表示します)
ニック2 ニック1

ニックの無料資料です →
(画像クリックで拡大表示します)

講座選びのポイントや、資料請求が可能なスクールについては「調剤事務管理士〜講座選びのポイント」をご覧ください。
資料請求の手順については「調剤事務管理士〜資料請求の手順」で解説しています。

Sponsored Link

Sponsored Link